原子力安全協定の概要


 茨城県内に原子力施設を有する事業者等は、茨城県、所在市町村又は茨城県、所在町村、隣接市町村との間に、「原子力施設周辺の安全確保及び環境保全に関する協定」(いわゆる「原子力安全協定」)を結び、原子力施設周辺の安全確保に万全を期すとともに、地域の御理解をいただくために努力しております。

 例えば、気体及び液体廃棄物中の放射性物質の濃度及び量について、法令の限度を下回る管理の目標値を設定し、濃度及び量の低減に努めています。また、年間主要事業の計画等について毎年度当初に、原子力施設の運転の状況等について四半期毎に所在市町村等に報告するとともに、原子力施設の増設等を行う場合は、事前に所在市町村等の了解を得ることとしています。万一、放射性物質が異常に漏えいしたとき等、異常事態が発生したときは、所在市町村等に直ちに連絡するとともに、その状況、原因、それに対する措置、環境への影響等について速やかに報告することとしています。

 茨城県の原子力安全協定の概要は、 東海村のホームページ に公表されています。





戻る